こんばんわ、万寿です。

本日、15日日曜日に行われた八王子コンベンションの報告をします。

今回はなんと、フリーライターで公式のシナリオを書いていらっしゃる、蜂飼先生をGMとしてお招きいたしました!

システムは先生もシナリオをお書きになっているウタカゼ!

お越しいただきありがとうございました!

先生がお見えになるという情報もあったせいか、今回は参加人数が20人超という、オープン会としてはいつもより大人数が集まり、盛況のうちに終わりました。

 

続いて卓報告です

まず、SW2.0卓。

シナリオは、とある酒場で殺人事件が起こり、犯人を突き止めるという、某頭脳は大人な、あの作品のような展開だったそうです。

戦闘も、最終的に気絶者が一人ということで、いいバランスだったんじゃないでしょうか。

PLの中にはTRPG初体験の方もいらっしゃったようですが、GMのナイスフォローで楽しむことができたというお言葉をいただけました。

やったね!

 

次に、ゆうやけこやけ卓

PLがゆうこやベテランさんで、作ったキャラクターはダイダラボッチと、猫型ロボット。

ゆうこやの可能性に震えが止まりませんね……!

シナリオの方は普通にあったか友情物語をやったようで、PLさんのRPが外から見ていて楽しそうな卓でした。

 

真逆のベクトルで可能性を感じたのが、パラノイア卓。

なんと、今回一度もレーザーガンを撃たず、残機を減らすことがなかったそうです。

では、何をしたかというと、靴をなめていたそうです。UV相手だけではなくPL同士でも。

こういう卓の話を聞いて、パラノイアって何だろう、と考えること。それこそがパラノイアという病の始まりなのかもしれませんね。

 

次に、深淵卓。

シナリオは、渦型という即興ノリタイプのもので、とある魔術師が、領主をたぶらかして魔族を復活させようとするという、いたってシンプルなもの。

そこにPLの運命で、魔族狩りの魔族が絡んでいたりとか、お供の馬が暴走して封印を解いたりして、話が膨らんでいきました。渦型ですねえ。

参加して個人的に良かったのは、夢歩きで、演出に困ったときに山札から引いて、どうなるのかなってワクワクするのが非常に楽しかったです。

 

最後に、お待たせしました、ウタカゼ卓。

2つシナリオをやって、前半は王道のほのぼのいいお話なウタカゼ。

後半は、インセインやパラノイアとウタカゼを足して割ったようなシナリオだった、とのことです。

後半に何があったのか、詳細には分からないのですが、PVPが起こりかけたり、GMにメモを渡して相談したりしたそうです。

私は、会の最後の卓報告の時に漏れた「邪神」という言葉が気になって仕方がありませんでした。

 

最後に、告知です

来たる21日、しばらく前から準備していた「SW2.0 冒険者の酒場」というイベントを開催します。

バーを貸し切って、実際の冒険者の気分を味わいながら、セッションしようというこの企画。

今回いらっしゃった、蜂飼先生もGMとして参加していただけるそうです。

初心者OK、ファンタジー世界とか好きな方の参加をお待ちしております。

今月のクトゥルフ神話TRPG初心者会も、29日で行われます。こちらもよろしくお願いします。

 

今回も個性的な卓がたくさん立ったようですね。

蜂飼先生、後半卓はなんだかすごいことになっていたようですが、GMとしてプレイして、少しでも楽しんでいただけたのならば幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

執筆は万寿でした。