こんばんは、万寿です。

先月31日、日曜日に行われた、第2回おみくじセッション会の報告です。

報告の前に、軽くおみくじセッション会とはなんぞや、というところを説明させていただきます。

おみくじセッション会では、GMがお題を引いて2時間足らずでシナリオを作る、というよく言えば即興性を高くして、悪く言えばその場のノリだけでよく考えずに、卓を立てます。

さらに、PLもお題を引いて、それに沿ったことをセッション内にしてもらいます。

例えるならば、バカが集まって、地雷原を走り抜けていくようなものです。

何が楽しくて事故りに行くんだろうなあと、個人的には思わないでもないですが、意外とお題回収がPLやGMのモチベーションになってるらしく、楽しいという声も聞こえてきます。

一部の熱いご要望にお応えして、今回、第二回が開催されることとなりました。

 

 

 

では、卓報告をさせていただきます。今回は4卓立ちました。

まず、ビギニングアイドル卓。

ビギドルやってるはずなのに、なぜかPCに変身ヒーローが数名いて勢ぞろいして、アイドル的な意味ではなく戦っていたらしいです。

MVPは仮面ライダークウガで、リアクション表に沿ってプレイしているにもかかわらず、いいタイミングで決め台詞を引き当てたそうです。

ダイスの女神さまは、セッションを盛り上げる立役者ですね。

 

次に、ダブルクロス3rd卓

僭越ながら、私がGMを務めさせて頂いた卓なのですが、おみくじセッションっぽくない、つまりバカの足りない、普通のダブルクロスをやっちゃいましたw

しかし、PLさんはお題を使って盛り上げてくださいました。

お題回収のためだけにシンドロームやエフェクトを決め打ちして、シャイニングフィンガーしたりだとか、別にかっこよくもなんともない扇風機の羽というお題を、めちゃくちゃかっこよく演出したりなど、会のコンセプト通りに楽しんでくれたのではないかなあと思います。

 

蛮族卓と化していたのは、S.W2.0卓。

PLの引いたお題が「ゴリラ」とか「チンパンジー」だったので、急遽PC達は蛮族となったそうです。

2時間クオリティのシナリオなんだから、急遽も何もないだろ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こういう突発事項に対応できるのはすごい腕だなあ、と尊敬の念を抱いてしまいます。

卓内容は、蛮族らしく野蛮に力ずくで依頼をこなそうとし、ちょっと上手くいかなかったところがあったので、依頼人をコロコロして追いはぎをしたそうです。

私も蛮族やってみたいなあ、と思いました。

 

4卓目は、マギカロギア卓。

PLの一人が猫で、暴れまわったそうです。

あと、魔導書の名前が仮面ライダー関連だったらしいです。「たのしいようちえん」かな?

そのほかにも、首が取れる魔法使いがいたりとか、突っ込みどころは多かったような気がしますが、参加してない人間には全容があんまりつかめませんでした。

それだけ、ヤバい卓だったということかもしれませんね……。

 

 

 

最後に、告知です。

今週末、8月6日土曜日にクトゥルフ初心者会を行います。試しにやってみて好評だった、他システムの立つTRPG初心者会も同時開催します。

クトゥルフしか知らないけど、他のTRPGも気になるという方、ぜひご参加ください。もちろん、何にも知らないけどやってみたいという方も大歓迎です。

8月21日は月一恒例の八王子コンベンションをやります。

立卓予定のシステムは、モノトーンミュージアム、ゆうやけこやけ、剣の街の異邦人TRPG、マギカロギア、S.W2.0です。

ちょっとマイナーっぽいシステムや、新しいシステムが立ちそうなので、ご興味のある方はどうぞ。

 

第二回となったおみくじセッション会でしたが、今回も表面上は大きな事故もなく、終わることができました。

集まったのが、基本身内メンバーだから、というのもあると思いますが、やはり、皆で卓を楽しもうという共通意識があるからだと思います。

今回は私はGMだったので、いつも以上に、PLにフォローしてくれてありがとうという気持ちが芽生えました。

GMは準備を怠るのはダメだけど、PLを信頼して、気を楽にしてセッションするのも大事なことかもしれませんね。

執筆は万寿でした。